学ぶ・知る・食の安全





食中毒

1996年は、学校給食等が原因となった、過去に例を見ない規模の腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒が多発しました。 1997年に入っても、家庭が原因と疑われる散発的な発生が続き、死亡した例も報告されています。 食中毒は家庭でも発生します。食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます。ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります。




▼家庭でできる食中毒予防
食品の購入
家庭での保存
下準備
調理
食事
残った食品



学ぶ・知る・食の安全